ウォーキングで重りをつけるのはカロリー消費効果があるか


ウォーキングで重りをつけるのはカロリーを消費させる効果がある!

 

同じ時間、同じ速度でウォーキングをした場合、体重が重い人の方が消費するカロリーも多くなります。ということは、重いものを持てば、消費されるカロリーはより多くなるということ。

しかし、ダンベルなどの重いものは筋力トレーニングに使うものなので、筋肉ムキムキになる心配はないのでしょうか?

通常、500g?1kg程度のものを持って歩く分には、ボディビルダーのように隆起した筋肉がつくことはないと言われています。それどころか、負荷がかかる分体をひねる領域も大きくなり、シェイプアップ効果もあるのだとか。

とはいえ、無理は厳禁です。

たった500gでも、自分の体力以上のことをしてしまうと、筋肉を痛めてしまうことがあるからです。ウォーキングで重りを使う場合には、200gや500gなど最低の重さからはじめ、徐々に負荷をかけていくのが賢い方法と言われています。

 

300mlや500mlのペットボトルに水を入れて持ち、どれくらい負荷がかかるか試してみるのもいいですね。わたしも、もっと余裕ができたら重りに挑戦してみたいと思います(`ω´*)!

 

ウォーキングで重りをつけるとしたら、どこにつけるのが良い?

 

スポーツショップのウォーキングコーナーなどでは、手首や足首に巻くウェイトグッズも売られていて迷いますよね…。リュックで背負うという方もいますね。

ウォーキング時に重りをつける部分は、シェイプアップしたい部分によって異なります。

 

二の腕につければ腕痩せに、手首や足首につければ振り子効果で体のねじれ運動が大きくなり、ウェストや脇腹の引き締めに効果があります。

ウェイトグッズは、重ければ重い分運動の負荷が大きくなります。両手に重いものを持って腕を振ると、小さな力でも腕の可動域が大きくなることが分かります。

 

つまり、筋力にあった重さを身につけなければ、筋肉を壊してしまいかねないということ。どれくらいの重さから試したらいいか分からない人は、スポーツショップの店員さんに相談するか、一番軽いものから始めるのが良いということです。

スポンサーリンク

2か月たったら…。